府中市クレー射撃連盟について

ABOUT US

ご挨拶

このたび、府中市クレー射撃連盟の第8代会長に就任いたしました相田誠治でございます。

当連盟は、昭和48年(1973年)に銃砲による狩猟を愛好する仲間が集まり、「府中市射撃連盟」として発足。その後、昭和54年(1979年)に、府中市体育協会に加盟。平成10年(1998年)に「府中市クレー射撃連盟」と名称を改め今日に至っております。

先輩方々のご努力の礎のもと、国体選手を5名輩出し、現在では70名を超える歴史ある連盟に成長致しました。

初心者には正しい銃の取り扱いを指導し、事故のない楽しいシューティングライフを満喫していただき、アスリートシューターにはより優れた選手を目指して頂けるよう応援致します。

役員一同、皆様のお役に立てますよう一丸となって努力する所存でございます。

今後共、皆様のご支援、ご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

府中市クレー射撃連盟 会長

相 田 誠 治

連盟概要

会長
相田 誠治
会員数
71名(令和元年現在)
加盟団体
府中市体育協会
府中市銃砲安全協会
東京都クレー射撃協会
東京都下クレー射撃協会
運営目的
1.クレー射撃の普及と技術向上。
2.クレー射撃を行う者同士の親睦。
3.優秀選手の各種射撃大会等への派遣。
4.スポーツとしてのクレー射撃の地位向上を図る。
5.安全のための努力及び各種活動への協力。
6.その他、連盟として必要と認められる活動の遂行。